なんで借金してまでマイホームを買うのかがまったくわからない

ず~~~っと不思議でしょうがないんですよね。

なんで、みんな数千万円の借金をして、家を買うんだろう?
結婚したり子どもができたりすると、「次はマイホームだね〜」という言葉は何を根拠に言っているのだろう?
みんなすごく単純なことに気がついていないのではないか?

数千万円の借金をして、その利息を背負い、何十年もかかって返済していく。しかも買ったものは、宝石とか株や為替と違い、必ず老朽化して価値が下がっていくことが確定しているもの。

う〜ん、どう考えても買う価値がない。

 

マイホームは「資産」という勘違い

日本の住居の平均的な寿命は30年と言われています。30年経つとリフォームが必要になったり、ひどい場合は取り壊したりしなくてはなりません。

この時点で30年ローンを組んで家を買うことが、理にかなっていない行為ということがわかると思います。

また、「賃貸は資産にならない、マイホームは資産である」ということもよく言われますが、これも間違いです。

マイホームを資産と呼ぶためには、マイホームを買ったことによる収益が、マイホーム維持に必要な諸経費、住宅ローンの金利など、出ていくお金と同等かそれ以上になっている必要があります。それでなければ「負債」になります。

3000万円のお金で買ったものは、常に3000万円の価値を持っていなくては資産とは呼べません。家は年が経つにつれて価値が下がっていきますので、収益を生むためのアクションを起こす必要があると考えるのが普通です。

当然、買った家に自分で住んでいてはダメで、資産にするためには買った家を使って収益を生まなくてはなりません。運良く家の価値が上がっていけば資産になることもありますが、基本的に家はどんどん価値が下がっていくもので、20〜30年もすれば0になります。

ビジネスに例えるとわかりやすいでしょう。3000万円のお金を借りて起業した場合、その3000万円を使って3000万円以上の価値がある何かを生み出さないと、必要経費や借金の利息の支払いによって事業が成り立たなくなってしまいます。

 

日本でマイホームを買うのはリスクが高すぎる

 

そもそも、日本でマイホームを買うのは正直リスクが高すぎるのです。
なぜかって、お気付きの人も多いでしょう、「地震」です。

単純な疑問なのですが、せっかく買った家が地震で壊れちゃったらどうするのでしょうか?
地震保険に入っておけば安心?そんなに出費を増やすくらいなら賃貸で良くない?

ちなみに先程とある保険会社で地震保険の料金を調べてみたら、年90,000円の保険料で最大1,500万円の建物保証が受けられるとのこと。足りなくない?

賃貸だったら他の土地や物件に移るという選択が簡単に取れるのに、どうしてみんなそこまでして自分の家を持ちたいの?

 

どこかの天才が考えた「夢のマイホーム」というキャッチコピー

結局、借金をしてまでマイホームを買う人は、

一人前の大人はマイホームを買うものである

マイホームを持つことは立派な大人の証明である

マイホームは家族の夢である

という、思想に洗脳されているのでしょう。

家を買うというのは、「趣味」以外のなにものでもありません。車やパソコンと同じです。持っていればステータスになるでしょうし、それが好きな人は買うことに何の問題もないのですが、人に進められて買うものではありませんし、ましてや無理して借金をしてまで買うことに何のメリットもありません。

数千万円の借金をして家を買うという異常行動を良しとするどころか、立派なことにしてしまった「夢のマイホーム」というキャッチコピーを考えた人は、やはり天才だったのでしょう。

「借金」をするというリスク

ぼくは、賃貸の場合も持ち家の場合も、必要なコストはそんなに大きな違いはないと考えています。

ぼくの考えるもっとも大きなリスクは「借金」をして家を買うということです。
ですので、キャッシュでぽーんと家を買うことについては、別にいいんじゃないかなと思います。

住宅ローンだなんだと言ったって、結局は「借金」です。
「借金」をすると「利息」を払わなくてはいけませんし、なにより自由が効かなくなります。

この時代、簡単に引っ越せなくなる自由を失うことはとてつもないリスクを孕んでいると気付いている人はどのくらいいるのでしょうか・・?