Panasonic Cuble NA-VG1200をギリギリのスペースに設置した

洗濯物を干すのはもう嫌だ

結婚をし、子供ができ、これからますます増えるであろう「洗濯物を干す」という手間をなんとか無くしたいと思い、乾燥機付きのドラム型洗濯機を買いました。

実は前々から欲しかった乾燥機付き洗濯機ですが、私が住んでいるマンションの洗濯機置き場は、扉で仕切られた小部屋のような形になっており、果たしてこのスペースに設置できるのかしらんと不安があったので、なかなか購入に踏み切れずにいました。しかし、洗濯物の多くなる夏、とうとう我慢できずにこちらの洗濯機購入を決断しました。

パナソニック 10.0kg ドラム式洗濯機【左開き】シルバーステンレスPanasonic Cuble(キューブル) NA-VG1200L-S

設置スペースと洗濯機のサイズを比較すると、まるでこの洗濯機のために作られたスペースなのではないかというほどギリギリ。
洗濯機の左右は5cmほどの余裕しかなく、洗濯機の後ろは2〜3cmほどした余分なスペースがありませんでした。

購入前に販売店にはそのような事情を話し、設置ができるのか否かを確認しました。販売店の方からは「多分大丈夫だと思います」との心強い言葉をいただいたのですが、それでも当日は心配でした。

運ばれてきた洗濯機

設置当日、配送業者の方に運んで来ていただいた洗濯機。
これまで使っていた縦型の洗濯機と比べると明らかにデカい。事前に洗濯機置き場の扉は外しておいたものの、スペース内に入らなかったらどうしようと不安でした。

入りました。

ピッタリです。

洗濯機の扉も無事開くようですので(右開きのタイプを買いました)とりあえず設置できないという最悪の自体は免れました。

その後、洗濯と乾燥を試してみたところ、どちらも問題なく行うことができました。
ただ、乾燥するときは洗濯機の前の扉を開け放しておいた方が早く乾くような気がします。
当然ある程度の騒音はするのですが、予想していたよりはうるさくなく、以前の縦型洗濯機に比べるとかなり小さめの騒音でした。

洗濯物を干して取り込むという時間が一週間に40分ほどあるとすると、なんと20年間で666時間になります。
時間節約の面でもとてもいい買い物になりました。

パナソニック 10.0kg ドラム式洗濯機【左開き】シルバーステンレスPanasonic Cuble(キューブル) NA-VG1200L-S