テレ東の「ニッポン行きたい人応援団」等、日本礼賛番組に対する違和感

ここ何年かこの手の番組見ることが多くなりましたよね。

外国の方が日本に行ってみたい、日本の○○を体験したい、と日本に興味を持ってくれるのはもちろん日本人として嬉しく、ありがたいことだなと思うのだけど、この手の番組を見るたびに、以前からなんかモヤッとした気持ちを抱えていました。

そのあたり文章にして整理してみます。

 

まず、ぼくが一番違和感があるのは、一方的な報道の仕方です。

日本のことが好きな人を連れてきて、日本のことを褒めてもらって、さらに日本を好きになってもらう、という流れがなんか気持ち悪い。
これがこの手の番組の方向性だということももちろんわかっています。ただ、それを良しとしている番組の作り手と視聴者の考え方に違和感があります。

国際交流に限らず、すべてのコミュニケーションは相互的でなければ良いコミュニケーションとはいえません。

自分たちの良い点を教えてもらうと同時に、相手の良い点も伝え合う。その結果お互いに成長ができる。というのがまともな考え方です。

この手の番組で満足できる人は、日本に興味を持ってくれた外国の方が住む国のことを知りたいとは思わないのでしょうか?ただ一方的に自分たちの良いところだけ知ってもらえればいいのでしょうか?外国の良いところを学んでもっと良い国、良い人間になりたいとは思わないのでしょうか?

 

ま さ か。
日本は世界が認めるもっともすばらしい国だと思っているのでしょうか。

 

この手の番組の裏側には以下のような考え方がちらほら見て取れます。

  • 日本は治安がいい
  • 日本は水道水が飲める
  • 日本食はおいしい
  • 日本は技術が発達している
  • 日本の伝統技術(伝統工芸)はすばらしい
  • 日本人は礼儀正しい
  • 日本には長い歴史がある

これらは全て正しいです。
ぼくも外国に住んでいたことがありますので、日本にはとてもすばらしい文化や恵まれた環境があることは身をもって感じています。

 

しかし、

日本以上に治安が良い国なんていくらでもあります。

水道水が飲める国も普通にあります。

日本より礼儀正しい国もたっくさんあります。
ぼくの妻はイラン人ですが、イラン人は日本人よりはるかに礼儀を重んじる文化だということを日々痛感させられています。

つまり、すばらしい文化を持っているからといって、学ばなくていいわけじゃないんです。無論、ただ自慢するだけなんて子どものやることです。

 

というか、ぼくの思っていた日本人の美徳は、「いえいえ、私なぞまだまだでして・・」という謙遜の気持ちで、「どうだ、俺様すごいだろう。えっへん」という傲慢なものじゃないんですけどねぇ。。正直見ていてかっこ悪いです。

 

うん、なんとなくまとまってきました。

日本に興味を持ってくれる外国人→とても嬉しいしありがたい。ぜひ日本に来てすばらしい体験をしてもらいたい。

日本の文化や技術→自国民として誇れるもの。現状に甘んじること無く、より昇華させなくてはならない。

日本すごいだろう、という姿勢と、相手の国について学ぼうとしない態度→☓

 

疑り深いぼくは、この手の番組が増えてきた理由について、なんか裏があるんじゃないか、だれかが得してるんじゃないかと考えてしまいます。