上司

俺がこのチームを育てる、自分は教育担当だ、という教育熱心な人はどの会社にも一定数以上います。

しかし、今後このような社内教育に特化した人材は、会社にとって有益でないばかりか、会社に害をもたらす存在になるでしょう。